デパスの代替うつ病薬は存在する?

デパスの代替うつ病薬は存在する?

デパスの代わりのうつ病薬を探しているのであればバスピンがおススメです。バスピンはバスパーという抗うつ剤のジェネリック医薬品です。

脳内伝達物質であるセロトニンの神経活動を服用する事で刺激し、その結果ドーパミンやアドレナリンといった気持ちを高めさせる神経伝達物質を増やす事で不安や緊張、うつといった気持ちを抑える事が出来るので、主に不眠症や睡眠障害といった症状の改善によく使われています。

バスピンはデパスと同じように人前で気持ちが焦ったり、不安で落ち込んでしまっている時や、不眠症で悩んでいる時にも改善効果があるので服用すると良いですが、デパスとは成分が違うので併用する事は出来ません。

バスピンのメリットは頭痛やめまい、倦怠感や眠気といった副作用が他の抗うつ剤と比較しても割合軽いので他のものよりも使用しやすいという点です。

デパスは副作用が強い為に購入制限される事もありますが、バスピンはその心配も少なく安全性も高く、さらに依存性も少ないので使い続ける事が出来ます。

その為デパスの代わりにバスパーやバスピンを服用する人が増えています。またバスピンはジェネリック医薬品なので、非常にリーズナブルな値段で入手する事が出来るというのも魅力の一つです。

バスピンはまだ日本国内では厚生労働省から薬の承認を受けていないので販売されていませんが、海外では既に沢山の人が抗うつや不安剤として服用しています。

どうしても日本では薬の認可に時間がかかってしまうのでこれは仕方がありません。薬の形としては錠剤で、インドの製薬会社が作っています。

海外の会社が作っていると不安に感じる人もいるかもしれませんが、インド国内市場のシェアも数パーセントあり、沢山の医薬品を取り扱っていて海外では有名な製薬会社なので心配ありません。

バスピンの服用回数は、1日2~3回まで服用する事が可能です。いつ服用すると良いかというと、副作用として強い眠気や立ちくらみがある為、朝や仕事中、外出中や車の運転前に飲んでしまうと強い眠気に襲われて危ないのでなるべく副作用があってもよい就寝前に飲むと良いです。

バスピンと同じ効果のあるような抗うつ剤や精神安定剤、睡眠剤との併用は、副作用が大きくなってしまうので止めましょう。

もちろん服用する時は水で飲み込む事が大切で、ジュースやアルコールとの併用は駄目です。また妊娠中や授乳中の女性や高齢者、肝機能障害がある人も使用出来ません。