デパスの効果・効能って何?

デパスの効果・効能って何?

デパスは、精神安定剤として誕生してから幅広い神経系の薬として現在でも利用されています。うつ病や心身症。

統合失調症の不安や緊張、抑うつをやわらげたり、気分の落ち込みや睡眠障害を改善するために利用されることが多く、多くの病気で洗濯されることがある薬でもあります。

神経に作用してリラックスさせる薬で、不安や緊張の緩和や眠りを良くする作用、肩こりなど筋肉の緊張をほぐす効果も期待できる薬です。また、興奮状態や苛立ちを抑えたり、落ち込みを緩和する効果ももたらします。

デパスは、筋肉の緊張をほぐす働きがあるため、緊張や不安から自律神経が乱れて、交感神経が優位になり筋肉が緊張してしまったために感じる肩こりや首筋のこりを緩和します。

強いストレスがかかったときにいらいらや落ち込みとともに体のこりを感じる場合に効果的です。また、ストレスが原因で、自律神経が乱れて雲の上を歩いているようなふわふわとした感覚があるめまいの改善にもアプローチすることができます。

デパスは、脳の神経に作用する薬で、脳内の受容体に作用して脳が過剰に働くことを抑えてうつ病や心身症などの症状に利用される薬です。緊張や不安を緩和することで不眠症を改善したり、体の緊張を緩和したりすることができます。

うつ病をはじめ、パニック障害や更年期障害、自律神経失調症などで気分が落ち込んでしまったり、焦りや不安、緊張を強く感じている場合に利用されます。

ストレスが原因の体の症状にも効果を発揮し、高血圧や頭痛、めまいを緩和してくれます。症状を緩和するだけではなく、症状が出る原因になっている心の状態に作用しリラックスすることができるところがデパスがよく使われている理由です。

デパスは、服用してから30分から1時間程度で効果を実感することができます。飲んですぐに楽になるというわけではありませんが、30分から1時間程度でリラックスしてくる場合が多く、気持ちと体が楽になってきます。

リラックスした状態は5時間ほど続く場合が多いのですが、個人差があるので時間は目安と考えるとよいでしょう。

抗不安作用が強い薬のグループの中のひとつですが、比較的持続時間が短いので、薬が残りにくく日常生活に支障が出にくいことも良く使われる理由のひとつです。

夜に飲むとおだやかな睡眠作用があり、ゆっくりと眠ることができる場合が多いのですが、持続時間が5時間程度なので朝起きた時に薬が強く残っていて起きることができないということが比較的少なく、使いやすい薬です。