デパスの代わりになるうつ病薬がある?

デパスの代わりになるうつ病薬がある?

抗うつ薬であるデパスは向精神薬に指定されたことにより、個人での輸入ができなくなりました。デパスは人気の薬だったため、多くの人がデパスの代わりとして、様々なうつ病薬を求めています。数ある代替え薬のなかでも圧倒的な人気を誇るのはバスピンです。不安や緊張の苦しい症状をやわらげる効果と共に不眠症や睡眠障害に作用する成分、ブスピロンが配合されていることから、睡眠導入剤としての効果も期待できます。また、こちらはジェネリック医薬品なので、安価で手に入れることができます。

不眠症を緩和する方法や睡眠薬は?

何故デパスの代わりが必要になる?

何故デパスの代わりが必要になる?

デパスは抗不安剤や抗うつ剤、安定剤として長く使用されてきましたが、薬事法で個人輸入が禁止されてしまいました。こちらに頼っていた人も多く、そういった時にデパスの代わりとなる薬が必要になるはずです。薬事法で許可されている薬の中で、同じような作用を持つものはあります。ないと困るといった人は代わりとなるものを見つけるのが良く、同じような効果を持つ薬なら不安になることなく、安心して使うことができるので試してください。

デパスの代わりとなるお薬まとめ

デパスは通販で購入できなくなった?

デパスは通販で購入できなくなった?

デパスは2017年10月14日以降は日本国内への輸入が禁止されることになったので、ネット通販で購入することは非常に難しい状態となっています。そのためデパスをネット通販で購入していた人にとっては痛手となり今後どうしたら良いか分からず困っている人もいますが、それほど深刻に考える必要はないです。確かにネット通販で購入することは出来なくなりましたが個人輸入が禁止されるだけで病院などの医療機関では処方してもらうことが出来るので、デパスが欲しい場合には病院に行って医師に診てもらうのが良いです。

デパスとエチラームは何が違う?

デパスとエチラームは何が違う?

デパスとエチラームは配合されている成分は共にエチゾラムであり、一日当たりの服用量や1回あたりの服用量も共通しています。この二つの違いとしてはデパスは白い色の錠剤であり日本国内で製造されているのです。それに比べてエチラームは青色をしている特徴がありインドの製薬会社が製造と販売を行っています。価格を比較してみるとエチラームの方が安くなっており、インターネット販売で入手が可能です。デパスは病院で処方される薬になります。

デパスはどのような効果をもたらす?

デパスはどのような効果をもたらす?

デパスは不安感や緊張感・焦りを和らげたり、意欲が低下している状態を改善して入眠を簡単にしてくれて安定した気持ちをもたらす効果があります。また、筋弛緩作用があり、筋肉が緊張して起こる肩こりにも効果があります。精神科だけではなく整形外科などでも処方される薬です。そして、強いストレスを感じた時に自律神経の働きが乱れてしまったり、肩や首のこりが原因で起こるめまいにも効果があるとされています。様々な原因でめまいは起こりますが自律神経失調症によるものは雲の上を歩いているようなふわふわとしたものです。